• ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • GVプログラムとは
  • 入試情報
  • カリキュラム
  • 留学
  • 進路
  • リンク
ホーム > カリキュラム

カリキュラム

学部カリキュラム

  1. 1.基幹教育
    GV入試で入学した学生は:
    • ・1年次から、基幹教育(平成23年9月13日プレスリリース)の枠内で英語力や国際性を涵養する授業を履修します。
    • ・正規のカリキュラム外で、LL.M.コース教員による少人数教育を受けます。
  2. 2.専攻教育
    • ・2年次〜4年次には、通常の法学部のカリキュラムにより、しっかりと法学の基礎を身につけます。この間、特別に指定されたゼミナールに所属し、LL.M.コースに進学するための専門的な英語力を磨き、国際経済ビジネス法の基礎知識を体得します。
    • ・LL.M.コース在籍等の外国人留学生とともに学びつつ交流する様々な授業やイベントに参加します。

留学

さらに、本プログラムに所属する学生は:

  • ・文部科学省「大学の世界展開力強化事業」に採択された「スパイラル型協働教育モデル:リーガルマインドによる普遍性と多様性の均衡を目指して」(平成24年10月17日プレスリリース)のプロジェクトとして、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポールへの短期留学に複数回参加します。
  • ・その他、学生交流協定締結校への交換留学生として短期または長期で留学し、留学が当たり前の環境で学びます。

大学院(九州大学LL.M.)

  • ・九州大学のLL.M.コースは、文部科学省の「国費留学生の優先配置を行う特別プログラム」に採択されており、優秀な外国人留学生が学んでいます。日本人学生も一緒に切磋琢磨する事ができます。
  • ・授業は、専任の外国人教員及び日本人教員、さらには内外の研究者や実務家によって全て英語で行われ、修士論文も英語で執筆します。
  • ・授業は、最先端の国際経済ビジネス法分野に関連する諸科目で、実務にも直結するものです。

 

・さらに意欲のある学生は、海外の大学院へ留学の上、九州大学に籍を置いたまま、留学先大学院で1年間の研究と論文提出を経て、もうひとつの修士号を取得することもできます(ダブル・ディグリー)。現在、以下の大学との間で、修士課程の学生を対象とした、ダブル・ディグリー協定を締結しています。

  • ティルブルグ大学 LL.M. in International Business Law(オランダ)
  • レウヴェン・カトリック大学 Master of European Studies(ベルギー)

修了

  • ・学部卒業時には「学士(法学)」の、LL.M.コース修了時には「修士(法学)」の学位が与えられます。
  • ・本プログラムの学生も、LL.M.コースに進学せず法学部卒業生として、法科大学院など別の進路を選ぶ事も可能です。
  • ・LL.M.コースを修了すると、世界中に広がる、閣僚や政府高官を含むKyudai-LL.M.ネットワークの一員として、国際的に活躍する事が期待されます。
bk-button-bk.png
bk-button-top.png

九州大学法学部

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-19-1

電話番号 092-642-3168

FAX番号 092-642-4162

MAIL : gvp@law.kyushu-u.ac.jp
(@を半角に置き換えてください)

Copyright©2014九州大学法学部 All Rights Reserved.