• ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • GVプログラムとは
  • 入試情報
  • カリキュラム
  • 留学
  • 進路
  • リンク
ホーム > GVプログラムとは > 国際交渉力を育てる ~保護者の皆様へ~

国際交渉力を育てる ~保護者の皆様へ~

グローバル社会で生き抜く力を身につけるには

受験生のご子息・ご息女を持たれる保護者の方々の中には、昨今の社会情勢の激動と、ご子息・ご息女の将来をどのように結びつけるべきか、迷われる方も多いのではないかと拝察します。
世界中でグローバル化が進行する中、日本社会も大きく変わりつつあります。そして、グローバル化の波は、個人のキャリアを大きく左右する、労働市場にも及びつつあります。
従来のように、手ぶらで国内の官庁や大企業に就職すれば安心、という従来の発想は、徐々に実効性を失ってゆくことが予想されます。企業が業務に必要な人材育成コストをすべて担うという雇用形態は、世界的な労働市場の中では維持しがたいからです。また、雇用主が福祉主義的国家の一要素として、「揺りかごから墓場まで」従業員やその家族を支える雇用ビジョンは、特に冷戦終了以降、良かれ悪しかれ、その訴求力を大きく削がれています。
つまり、個人の生存やキャリアを、雇用主や組織に全面的に依存することは、大きなリスクを伴うのです。

今後は日本においても、個人の力で世界市場を生き抜く力を身につける必要があるでしょう。
そのために最も確実と考えられる道の一つが、専門能力の獲得、特に、「長い伝統と実績を背景とした確実な基礎能力と、現代社会の最新状況に的確に対応できる応用能力」の獲得です。これは大学教育・大学院教育に対して、これまで期待されてきたものです。とりわけ、海外では大学院レベルの専門知識や学位が大きな意味を持ち、大学院まで含めた高等教育は、今後日本においても重要性を増してゆくでしょう。
しかし、わが国の教育制度または慣行において、トップレベルの大学生は、法曹と医療従事者を除けば、今までゼネラリストとして養成される側面が強かったということを指摘できます(理系学生であっても、大学で専攻した知識を常にそのまま業務に活かせるとは限りません)。これは、従来の労働市場が大学に求める人材養成の姿であったのかも知れません。しかし、すでに述べたように、もはやその図式は当てはまらないでしょう。

トップレベルの大学生を専門家として養成するとはどういうことでしょうか。
その答えの一つとして、九州大学法学部は平成27年度より、Global Vantage Program(以下、GV)を創設します。GVは、新たなAO入試制度であると同時に、入学後の学部・大学院を通じた一貫教育コースの名称でもあります。

GVでは、国際的なビジネスやルール策定の場で、世界中の法律家と同等に交渉する能力、「国際交渉力」を持った人材の育成を目指します。すでに現在、日本の鉄道会社が海外に運行システムを販売し、県庁が県内の農産物を輸出し、あるいは中小企業の海外展開を支援する業務をしなければならない状況が到来しています。国際交渉力を持った人材は、とりわけ、世界の政治・経済・法が緊密に連関する現代社会において、国内外を問わず、企業や官庁から求められています。GVコースが養成するのは、国際化したビジネスの現場でもっとも切実に求められている人材でもあるのです。

一流の大学で「少人数教育」を受ける意味

日本の法学部は、自学自習の伝統や、教員数と学生数の関係などから、いわゆる「マスプロ教育」に傾斜しがちでした。保護者の方の中にも、数百名を収容する大教室で一人の教官が行う一方通行の講義を、ノートを取りながら聴講した経験をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。少人数ゼミナールはどの法学部でも通常設置されますが、そこでは特定の法領域に関する議論が主に行われ、学生が一人の社会人としてどのような能力を身につけるか、という観点からの教育を、体系的に取り組んで行う例は多くありませんでした。学生はしばしば、何をどのようなタイミングで学んでよいか分からず、「自由な選択」「自己責任」の名の下に、一貫性を欠いた講義やゼミの寄せ集めからなる単位の収集が生じました。

最近はこの傾向もようやく変化しはじめ、全国的にも徐々に、学修モデルの提示や少人数教育、きめ細かな学修サポートを謳う大学が現れました。九州大学法学部全体も、喧伝こそしませんが、4年間を通じた学生の学習状況の把握や、適切な指導のための体制作りに、日々努力を重ねています。

この状況に対して、GVが提供するのは、これまでの法学部教育ではほとんど試みられなかったレベルの、充実した学修サポートです。そのキーワードは、「一貫チュートリアル教育」です。

GVでは、先に挙げました「国際交渉力を持った法専門家(グローバル・ローヤー)の育成」という、明確な目的があります。GVの教育プログラムは、この目的に従って、合目的的に構築されます。
具体的には、GVの学生は、語学や法学学修の全般について、一人一人がその都度の進捗度に見合った必要な指導を受けます。海外留学についても、一人一人の個性に応じたアドバイスを受けることができます。この手厚い少人数指導を可能にするのは、学生の就学期間全般(原則5年)にわたってGV学生を指導する専門のスタッフ(チューター)や、語学・法学全般について学生指導に取り組む、複数の教員からなるGV教育チーム体制、それを支える適切な教育支援システムです。
従来の大学教育は学修の自由度が非常に高い反面、学修期間を通じた一貫性のある学修を実現することは困難でした。GVでは、学修プログラムについて、個々の学生の興味に応じた自由度を保障しつつも、教育のコアとなる部分については明確な目的に沿った合目的的な学修ロードマップを用意し、それを確実に実践することを可能にします。

GVプログラムが、学生に要求する学修のレベルは、非常に高度です。従来の九州大学法学部生が身につける法学の基礎に加えて、世界中の大学院にまで進学可能な語学能力、そして応用的・実践的な国際ビジネス法の習得までを要求されます。また、海外での様々な大学や国際機関でのインターシップや、留学の機会なども、GV学生全員に対して確実に確保し、そこから多くを学んでもらいます。この高い到達目標や、過密とも言える学修スケジュールをこなすためには、上記のような特に手厚い指導体制が必要なのです。

日本および世界の上位校に位置する大学で、明確な目標を持った最高度の少人数選抜教育を受ける意義は非常に大きいと思われます。(2013年現在、大学の世界ランキングにおいて、法学の部門で世界トップ150校に入っているのは、東京大学を除けば九州大学のみです。

修士号(LL.M.)の国際的な意味と、九州大学LL.M.

大学では、学部卒業をすれば学士、大学院修士課程を修了すれば修士、大学院後期博士課程を修了すれば博士の学位が、それぞれ授与されます。ところが、日本では、文系修士以上の市場価値が高くありません。文系大学院生の就職活動は、理系大学院生のみならず、文系学部生に比べても、一般に厳しいと言われています。これは、先に述べたように、企業が大学教育に専門能力の養成を期待せず、ゼネラリストを要求する傾向が高いためと考えられます。
しかし、海外に目を転じれば、修士以上の学位は人材評価の大きな要素となります。むしろ、学士号しか持たない者は、国際ビジネスの場で軽視される傾向にあります。海外のマネージャークラスのビジネスマンは、誇らしくDr.の称号を名刺に書きます。将来、グローバルな場で活躍したいと考える学生にとって、大学院への進学はむしろ必須とさえ言えます。

大学院進学についても、様々な可能性があります。もちろん、一流の大学院を選択すべきことは言うまでもありませんが、GVの学修プログラムを適切に3~4年間実践した学生であれば、海外の一流大学院のどこにでも進学するための基本的能力を備えることが可能でしょう(そのような進路も排除されません)。
しかし、その選択肢の中でも、九州大学LL.M.を、有力な選択肢として挙げたいと思います。九州大学LL.M.は、1994年に開設され、20年以上の長い伝統と実績を持つ、英語のみですべての課程を修了する法学大学院です。ここには、アジアをはじめ、世界各国からエリートが集い、OB/OGの中には、世界各国の法曹や官僚(大臣クラスまで)がいます。この大学院は高い国際的承認も得られ、現在、世界のLL.M.紹介サイトでは、九州大学LL.M.が、日本の大学としてトップの知名度を誇ります
日本国内にいながら、海外でも珍しいほどの国際的多様性に富んだ環境に身を置いて、世界中から集まったエリートと共に、国際的な法領域について高い研究実績を持つスタッフの下、完全に英語のみで講義を受け、修士論文執筆まで行う九州大学LL.M.は、将来国際的な活躍を希望する学生にとって、世界的な視野から見ても、有力な選択肢となります。保護者の方々から見ても、世界的に承認された教育の質の高さのみならず、ご子息・ご息女が基本的に日本国内にいるという安心感・経済的優位性、国内の文系学生就職状況に配慮したカリキュラムや修了年次の調整等(後述)を行うこの大学院は、魅力的な途となり得ます。

キャリアについて

近時、大学進学にあたり、文系学部に進学をしても就職が厳しいのではないか、との懸念が広がり、理系とりわけ医系の学部に受験生が集まる風潮があるようです。
大局的に見れば、こうした懸念は杞憂であるのみならず、社会全体にとって有益でもないと思われます。なぜなら、実務家や技術者のみで社会が回ることはあり得ず、人間一人ひとりの本質を見極めた、ルール遵守に基づく適切な社会経済活動がなければ、社会は成立しないからです。そして、そこには人文・社会科学の知見・蓄積が必須です。また、個人としてのキャリアという観点から見ても、もっとも大事なのは、社会の風潮ではなく、ご子息・ご息女の適性や希望にもっとも適合した進路選択です。

九州大学法学部においては、民間企業、官公庁、法曹、研究者等、様々な進路実績があります。九州地方および国内全域での就職について、極めて有利なポジションに立ち続けていることは、いささかも揺らいでおりません(詳細はこちら)。

これに加えて、さらにGVプログラムに入学した学生は、世界全体にまで視野を広げたキャリアの可能性が広がってきます。GVプログラムそのものには、まだ進路実績はありませんが、GVプログラムの一部となる九州大学LL.M.の修了生たちは、世界中の官公庁、企業、法律事務所、教育研究機関へと就職しており、それらOB/OGたちが、"KYUDAI-LL.M. network"を、世界中に形成しています(詳細はこちら)。
GVプログラムの学生は、5年間の学修課程を経て、このKYUDAI-LL.M. networkを背景に、世界中のエリートを同輩として、世界中どこに行っても、法専門家として通用する人材となるでしょう。

グローバル・ローヤー養成のサポート体制

上記のような、学部・大学院を一貫させ、かつ海外へのインターンシップ、留学等を組み込んだコースは新しい試みであり、受験生やその保護者にとっても、不安が残る部分が多いと拝察いたします。九州大学では、上記に挙げた以外にも、様々な観点から、意欲ある学生のサポートを最大限行う体制作りを進めております。

  • 就学期間
    法学部教育は原則として4年間、大学院教育は原則として2年間とするのが、日本の大学の基本的な形態です。したがって、現在の日本の大学院で修士号を取得するためには、最低6年間の学修期間を要求されます。
    しかし、GVプログラムでは、文系学生の現実的な就職活動状況等に配慮して、なるべく短期で多くの学修を経て、LL.M.(法学修士)の取得にまで到達するよう、制度的な手当てを行います。
    まず、九州大学LL.M.は、最低1年間のみの課程で修士号を取得できるように設計された大学院です。これにより、GVプログラムの学修期間は、原則として5年間となります。
    また、九州大学LL.M.は、海外の多くの大学院に合わせて、9月から年度がスタートします。このため、法学部を3月に卒業する多くの学生は、半年間のギャップイヤーを経ることになります。GVプログラムでは、このタイミングで、最低半年間の留学を経験するよう計画し、それに向けた指導を行います。
    さらに、法学部については、優秀な学生について、飛び級による3年次卒業を計画しております。飛び級による卒業、ギャップイヤーでの留学、1年間の大学院を組み合わせれば、最短で4年半での(海外留学を経験した上での)修士号獲得が可能となります。
  • 経済的サポート
    GVプログラムは九州大学法学部、大学院法学府の内部に設けられる学修コースであり、通常の法学部生、大学院生の学費以上の追加学費は不要です。
    加えて現在、学生が取得可能な奨学金や留学奨励金等は、大学内外に複数あります。すでに現在、海外エクスターンシップや長・短期留学を行う学生のほとんどに、日本学生支援機構・日本学術支援機構・九州大学基金等により、旅費や奨学金が給付されています。
    GVプログラムでは、専任のチューターや教育チームスタッフが、個々の学生に合った最適な奨学金、留学資金の獲得に向けて、積極的に指導を行い、情報提供も随時行ってまいります。特に、GV学生が原則として全員参加する海外エクスターンシップ等については、GVプログラム全体で、必要な費用補助を設けます。これによって、保護者の方々の経済的負担が最小限となるよう、可能な限りサポートしてゆきます。
  • 海外での安全確保
    保護者の方々にとっては、成人前後のご子息・ご息女の海外渡航は、安全等の面で不安が残ることでもあろうと拝察いたします。
    GVプログラムでは、海外エクスターンシップや海外留学先として、九州大学が大学・学部レベルでの協定を結んだ、信頼性の高い大学や国際機関のリストを用意しています。また、学生の渡航に際する安全の確保も、チーム体制を組んでしっかりと確保いたします。特に、GV学生が原則全員で参加する海外エクスターンシップなどでは、学部スタッフが同伴いたします。九州大学LL.M.が設置された1994年から現在まで、九州大学法学部、大学院法学府の学生による海外渡航の実績中、重大事故が発生した例はありません。

大学の4年間や大学院の学修期間は、ご子息・ご息女にとって、決してモラトリアム期間ではありません。特に、社会人教育が事実上手薄な日本においては(九州大学大学院法学府の高度専門職業人コースの試みについてはこちら)、社会で活躍するために必要な知識やスキルをまとめて身につける、最後のチャンスでもあるのです。九州大学法学部GVプログラムは、そのかけがえのない学修期間を、最高の教育内容とサポート体制で支援いたします。

bk-button-bk.png
bk-button-top.png

九州大学法学部

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-19-1

電話番号 092-642-3168

FAX番号 092-642-4162

MAIL : gvp@law.kyushu-u.ac.jp
(@を半角に置き換えてください)

Copyright©2014九州大学法学部 All Rights Reserved.