• ホーム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • GVプログラムとは
  • 入試情報
  • カリキュラム
  • 留学
  • 進路
  • リンク
ホーム > GVプログラムとは > 夢を輪郭に ~受験生の皆様へ~

夢を輪郭に ~受験生の皆様へ~

あなたは、将来、グローバルに活躍してみたいと考えていますか?

もし、その答えがYESなら、もう少し読み進んで下さい。

国際化するとは、どういうことか?

これから皆さんが世界を舞台に活躍するために、大学で学ぶべきことは何でしょう。
英語?異文化理解?それも大切ですね。でもそれだけで十分でしょうか。

日本から一歩外に出ると、英語や異文化にあふれる環境に適応するのは当然のこと。適応できて、やっとスタートラインに立てると言えるでしょう。グローバル社会のなかで活躍するには、さらに何らかの強みを持たなくてはなりません。

「国際交渉力」というCompetitive Edge

近年、日本人がグローバルな活動を展開する上で、特に望まれているものがあります。それは、専門性に裏打ちされた「国際交渉力」を持つ人材です。

日本人は今まで「技術さえしっかりしていれば」、「商品さえ確かなら」と信じ、国際ビジネスの世界で論理的に交渉し、ルールを策定する人材をあまり育てて来ませんでした。
しかし、現状はどうでしょうか?目下の最重要課題の一つであるTPP交渉やオリンピック招致を思い起こしてみましょう。グローバル社会の場で、価値や能力は「黙っていても自ずと尊重してくれる」ものではありません。厳しい交渉プロセスや自己アピールを通じて、初めて相手に認識され、尊重されるのです。そして、国際的なルール策定にかかわることは、直接に、日本の社会経済に大きな利害をもたらすことになるのです。

現在、国内市場は少子高齢化のために縮小し始めています。そのため、企業は国外に市場や製造拠点を求め、グローバル社会で生き延びなくてはなりません。しかし、経済市場全体のグローバル化は地球規模で進み、国際競争はますます厳しくなっています。
日本は、新興国の追い上げにより、技術力の優位が絶対ではなくなりはじめているだけでなく、国のバックアップは最小限でしかなく、しかも技術の盗用などの危険に常にさらされていて、ビジネスにおける自己防衛がかつてないほど重要になってきています。

国際経済ビジネス法

では「国際交渉力」は、どうやって身につけるのでしょうか?もちろん、その方法はいろいろ考えられますが、先ほど挙げた「交渉やルール策定」の営みは、伝統的に、法や政治の世界で実践され、何千年もかけて磨かれてきたものです。
そこで、九州大学法学部では、法学・政治学の伝統をしっかりと修めつつも、「国際経済ビジネス法」という形で、その最新の姿を学ぶ場を提供します。
これが、「九州大学法学部GV(Global Vantage)プログラム」です。

九州大学GVプログラム

GVプログラムは、「グローバル・ローヤー」を、法学部+修士課程の実質5年間で育成します。ここでいう「グローバル・ローヤー」とは、「各国の法律家に互して、英語で交渉し、契約書を起草し、各国での法適合性を調査し、国際ルールの策定に参加するなど、国際ビジネスの最先端で活躍する人材」です。
1994年、九州大学は、英語のみで修士(法学)を取得することのできるLL.M.プログラムを日本で初めて開始し、以来実績を積み重ねてきました。世界中から能力の高い学生が集まり、各国でエリートとして活躍する多くのOB/OGが、ここから世界中へと巣立っています。100年を超える伝統と、20年間のLL.M.の実績を持つ九州大学なら、現代社会が求める、グローバル・ローヤーの育成が可能です。

GVプログラムは、少人数指導です。だから、2015年度の募集定員は10名(入試情報についてはこちら)。狭き門と感じられる受験生も多いでしょう。でもこれも実は必然です。

GVプログラムには、プログラム独自の新規な学修内容や必修科目はありません。通常の法学部教育、つまり、日本語による日本法の学修もしっかり行います。確かな交渉力・思考力を養うためには、母語による体系的な専門教育が絶対に必要です。これを省略した「国際化」では、何の裏打ちもない、単に「英語がしゃべれる人」になるだけでしょう。
これに加えて、九州大学の基幹教育(低年次教育。2014年度スタート)や法学部教育で開講されている、英語力や国際性を養う科目を選択することで、通常の法学部生の学ぶ法学の基礎に加えて、グローバル人材に必要なプラスアルファを身につけられるようにします。
また、短期の留学を皮切りに、より長期の留学を経験し、「留学はあたりまえ」という雰囲気を作ります。

これだけ盛りだくさんのコースをこなすには、ひとりひとりの個性にカスタマイズされた履修プランが必要になります。そこでは、教員との緊密なフィードバックを重ねながら、短期・長期の学習計画をたて、同じ夢を持った仲間とお互いを高め合い、学び合う、少人数指導が不可欠なのです。

こうして鍛えた法学の知識と英語力を基礎にして、最後の1年間のLL.M.で、より高度な国際経済ビジネス法に関する知識を、将来のグローバル・エリートと机をならべ、磨いて行きます。そしてあなたも、世界へ。
そんな10人の一人になってみませんか?

bk-button-bk.png
bk-button-top.png

九州大学法学部

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-19-1

電話番号 092-642-3168

FAX番号 092-642-4162

MAIL : gvp@law.kyushu-u.ac.jp
(@を半角に置き換えてください)

Copyright©2014九州大学法学部 All Rights Reserved.